現在、世界各国で放射線についての様々な安全基準がありますが、これらはICRP(国際放射線防護委員会:International Commission on Radiological Protection)から発表される勧告をもとに決められています。

 ICRPは、放射線の安全で有効な利用が行えるよう、放射線防護に関する勧告を ICRP Publicationとして刊行物の形で公表しています。放射線防護の基本的な考え方は、「放射線は人体に対する有害要因であるが、便益があるから利用する。したがって、常に益が害を上回るような形でなければ利用してはならない」ということです。

    

 ホームページに関するご意見・ご感想をこちらまでお寄せ下さい。
メールアドレス:rah@iips.co.jp